/

この記事は会員限定です

対韓輸出管理強化 「不適切」の立証責任は日本に

[有料会員限定]

日本政府が、韓国を輸出管理上の優遇措置を受けられる「優遇対象国」から除外する論拠としているのが「安全保障上の懸念」だ。近年、「安保」を理由に通商規制を多用しているのは米国だろう。米中貿易摩擦では華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置を発動した。安保は国際法上の「錦の御旗」なのか。

日本政府による一部の半導体材料の輸出規制や優遇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン