中国、3年半ぶり原発認可 「独自開発型」も増設へ

アジアBiz
2019/8/1 21:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】中国政府は3年半ぶりに原子力発電所の建設を認可した。これまで建設や稼働が遅れていた新型原発の安全面を確認できたことなどから認可を再開した。米中対立が続く中、新たに認可したのは中国が「独自開発」したとする国産原発が中心で、国内経済のてこ入れと海外輸出に弾みを付ける狙いだ。

中国の原発政策を担う国家エネルギー局発展計画部の李福竜部長が7月25日の記者会見で福建、広東、山東の各省で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]