JCOM、オンライン診療に参入 CATVで実証へ

2019/8/1 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ケーブルテレビ(CATV)最大手のジュピターテレコム(JCOM)は、遠隔で医師の診察を受けるオンライン診療事業に参入する。スタートアップ企業と連携して個人宅のテレビに接続するシステムの開発を進め、2021年度の商用化を目指す。スマートフォンを使う既存のシステムに比べて高齢者にも使いやすくして普及を後押しする。

今秋から東京都と福岡市で、高血圧や糖尿病などの慢性疾患を抱える高齢者ら約30人を対象に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]