最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,917.01 -167.96
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
18,710 -90

[PR]

業績ニュース

マツダ、4~6月の純利益75%減 米中で販売苦戦

2019/8/1 20:30
保存
共有
印刷
その他

マツダが1日発表した2019年4~6月期連結決算は純利益が前年同期比75%減の52億円だった。米国や中国で自動車の販売が振るわなかった。外国為替相場で円に対してユーロや豪ドルが下落し、輸出採算も悪化した。過去に起こったパワーステアリングの不具合を原因とする訴訟に関し、数十億円の費用を計上したことも響いた。

世界販売台数は12%減の35万台だった。米国の販売台数は15%減、中国と国内はそれぞれ約2割減と苦戦した。

売上高は3%減の8489億円だった。米国では19年春に全面刷新した主力車種「マツダ3」の量販価格帯の売れ行きが想定を下回った。

営業利益は79%減の69億円だった。米市場の販売苦戦に伴ってメキシコ工場で生産量を減らし、1台当たりの固定費負担が増えた。円高・ユーロ安によって国内工場から欧州向けに輸出する事業でもうけが減った。ほかの通貨を含めた円高の影響は営業利益を108億押し下げた。

藤本哲也常務執行役員は円高のマイナス影響を抑えるため「値上げ、コスト改善、固定費を見直す」との方針を示した。

20年3月期の連結業績見通しは従来予想を据え置いた。下期に新型車の販売を増やし、純利益は前期比27%増の800億円を見込む。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム