EIZO、航空管制向けモニター拡充

2019/8/1 19:30
保存
共有
印刷
その他

モニター大手のEIZOは20日、航空管制塔向けの4Kモニターを発売する。輝度を広く調節できるほか、天候や滑走路の監視映像など複数の情報を1つの画面で高画質に表示できる。同社は市場が拡大している航空管制を含む産業向けのモニターに力を入れており、国内外で拡販する。

航空管制塔では管制官がモニター上の複数の情報とともに、実際の航空機の動きを目視で比べながら安全運航を支援する。発売する液晶モニターは航空機情報や滑走路の地図などを一括で表示できるため一覧性が高い。

操作にはタッチパネルを採用する。指や専用のペンで10点まで同時にタッチできるようにして、複数人での操作も可能にする。

モニターのバックライトは低輝度から高輝度まで簡単に調整できる。外の明るさに関わらず、安定した画面の表示ができる。価格はオープン価格とする。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]