超長期金利、需要底堅く 利回り追求の投資家が買い

2019/8/1 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1日の国内債券市場では、日銀の利下げ期待が後退して幅広い年限の国債利回りが上昇(価格は下落)した。だが償還までの期間が10年より長い超長期国債の需要は底堅く、40年債の利回りは前日比横ばいで取引を終えた。世界的な低金利環境下で、利回りがプラスとなっている国内の超長期債への「消極的投資」は当面続く見通しだ。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が前日の記者会見で市場の想定より金融緩和に消極的だと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]