ポーラ、しわ改善の薬用化粧品 2品目発売 敏感肌にも

2019/8/1 18:17
保存
共有
印刷
その他

化粧品メーカーのポーラ・オルビスホールディングス(HD)は顔のしわを改善する効果のある薬用化粧品2品目を9月以降に発売する。毎日の手入れの最後に顔全体に伸ばして使う。しわが気になり出す30代以上の需要を見込む。2017年に発売した、しわの改善機能をもつ薬用化粧品のヒットを受け、グループ全体で同分野の薬用化粧品を拡充していく。

10月1日に発売するディセンシアの美容液は肌が敏感な人でも使える

傘下の2社から売り出す。オルビスは「リンクルホワイトエッセンス」(30グラム入り、税別4500円)を9月21日に発売する。クリーム状の美容液でしわの改善はもちろん、シミやソバカスを抑える美白効果も備える。10月に台湾、2020年にはシンガポールでも発売する。

ディセンシア(東京・品川)は「アヤナス リンクル O/Lコンセントレート」(30ミリリットル入り、同6500円)を10月1日に売り出す。オイル状で伸びがよく、肌に負担がかからない。肌が敏感な人でも使用できる。

2品とも有効成分「ナイアシンアミド」を含み、肌の真皮でコラーゲンの生成を促す。肌にハリができ、シワが改善するという。

ポーラHDが17年に発売した薬用化粧品「リンクルショット メディカル セラム」は厚生労働省から初めてシワ改善効果の表示を認められ、現在もヒットを続けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]