米イラン、狭まる対話の道 有志国連合に影
ザリフ外相を制裁対象に

イラン緊迫
2019/8/1 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光、デトロイト=中村亮】対立を深める米国とイランが対話に戻る道が一段と険しくなってきた。米財務省は7月31日、イランのザリフ外相に制裁を科したと発表した。米イランの緊張がさらに高まるだけでなく、欧州や日本など米国の同盟国による仲介も難しくなる可能性がある。誤解や誤算による偶発的な衝突の危険はさらに高まりそうだ。

ムニューシン米財務長官はザリフ氏が「イラン体制の第1のスポークスマン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]