2019年9月23日(月)

9/23 2:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,159,592億円
  • 東証2部 68,595億円
  • ジャスダック 90,312億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率14.31倍14.14倍
株式益回り6.98%7.06%
配当利回り2.01% 2.03%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

スクランブル

フォローする

割安株は意外性で選べ 「ワナ」かわす工夫、凝らす投資家
証券部 竹内弘文

2019/8/1 19:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10年半ぶりの米国利下げで世界の株式相場は新たな局面に入る。景気循環の終盤に生じる金融緩和に株価が押し上げられ、市場全体のバリュエーション(投資尺度)は切り上がりやすい。出遅れの割安株が再評価されてもおかしくないが、経験則上は割安株の苦難は当面続きそうだ。企業の本質的な割安さを見いだすための工夫を投資家は凝らしている。

前日の米国株相場が大幅安となるなか、1日の日経平均株価は小幅高で引け日本株は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。