北海道経済19年度の成長率0.6% 北海道銀見通し

2019/8/1 18:00
保存
共有
印刷
その他

北海道銀行は1日、2019年度の北海道経済見通しを発表した。経済成長率は物価変動の影響を除いた実質ベースで0.6%になり、18年度(0.3%)を上回る。企業の設備投資や、観光消費が景気を支える。プラス成長は5年連続。住宅投資の落ち込みなどを考慮し、18年12月の前回調査(0.8%)から見通しを下方修正した。

個人消費は0.3%と18年度と同程度の成長を見込む。個人の所得は増加基調だが、19年度の賞与は企業業績の悪化を背景に前年実績を下回るとみられ、上昇幅は緩やかにとどまる。10月に予定される消費増税については軽減税率の導入や政府の負担軽減策により「増税後の個人消費の腰折れは回避できる」(道銀)とみる。

一方で供給過剰感から貸家や分譲マンションの着工は落ち込む。また19年3月末にはJXTGエネルギーが室蘭製造所で石油化学製品の生産を停止。農水産業の生産も振るわないことから、輸出入は前年を下回る見込みだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]