ミタルが16年以来の最終赤字、4~6月 鋼材価格下落で

2019/8/1 17:43
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】鉄鋼世界最大手の欧州アルセロール・ミタルが1日発表した2019年4~6月期の決算は、最終損益が4億4700万ドル(約490億円)の赤字だった。前年同期は18億6500万ドルの黒字だった。最終赤字となるのは16年1~3月期以来、13四半期ぶり。製品である鋼材の価格が下がる一方、原料の鉄鉱石の価格が上がり、利幅が圧縮。米国で資産を減損したほか、欧州の収益力も大幅に悪化した…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]