パーク24、駐車場料金10%値上げ 10月から

2019/8/1 17:36
保存
共有
印刷
その他

パーク24は1日、10月から時間貸し駐車場の利用料金などを値上げすると発表した。値上げ幅は10%で、2%の消費増税分以上の引き上げとなる。駐車場では料金をキャッシュレスで決済した利用者に自社サービスで使えるポイントを還元するなどして、負担感の軽減に努める考えだ。

同社は時間貸し駐車場「タイムズパーキング」を運営する。20分あたり100円の駐車場の場合は110円に値上げする。夜間などに適用する最大料金も、同様に10%引き上げる。

これまでの消費増税時は、場所によって20分100円を15分100円にするなど、100円単位の料金体系を据え置くかたちで対応してきた。

今後は10円単位での料金管理が必要となり、業務の煩雑化が予想される。このため料金のキャッシュレス決済の利用率を高めたい考えだ。

タイムズパーキングではすでに、全ての駐車場でクレジットカード決済が利用できる。Suica(スイカ)などの交通系ICカードや、楽天Edy・iDなどの電子マネー決済が使える拠点をさらに増やす。

キャッシュレス決済の利用者には利用料金の支払いに使えるクーポンなどに交換できるポイントを還元して、負担感の軽減を図ることも検討している。

10月からはカーシェアリングサービスの「タイムズカーシェア」も料金を見直す。15分あたり206~412円の利用料を220~440円とする。カーシェアも増税分以上の値上げとなる。

増収分はドライブレコーダーの全車両への搭載など、サービスの質を高める投資に振り向けるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]