オリパラ考

フォローする

身削るバドミントン代表争いの行方
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/8/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本のバドミントンは東京五輪に向けて視界良好だ。五輪のテスト大会として開催されたジャパン・オープンでは男女シングルスを制した。女子の山口茜(22)の充実ぶりは圧巻だった。

世界のトップランカーが毎年集結する大会。故障中のリオデジャネイロ五輪金メダル、カロリナ・マリン(スペイン)を除けばライバルたちが勢ぞろいしていた。すべてストレート勝ちでインドネシア・オープンに続く2週連続優勝を果たした山口は、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
非公認ながら、男子史上初の「2時間切り」を達成したエリウド・キプチョゲ=ロイターロイター

 世界のマラソン界が活況を呈している。12日にウィーンで行われた人類初の2時間の壁突破(サブ2)を目指す特別レースで、2時間1分39秒の世界記録を持つ男子のキプチョゲ(34、ケニア)が42.195キロ …続き (10/18)

今のラグビー日本代表には驚くほどの一体感と求心力を感じる

 ラグビーワールドカップ(W杯)で、にわかラグビーファンが急増している。恥ずかしながら、自分もその一人。学生時代は大好きで記者1年目はラグビー担当だったのに、1990年代半ば以降、仕事以外ではテレビ観 …続き (10/11)


 9月9日に千葉市付近に上陸した台風15号は、広範囲で停電を引き起こすなど大きな被害を出した。古来、台風が来たり強風が吹いたりする日とされる「二百十日」とは、9月1日前後を指す。来年は同時期に東京パラ …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]