日本総研、ESG調査にAI活用 作業量5割削減

2019/8/1 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本総研は人工知能(AI)開発ベンチャーのLaboro.AI(東京・中央)と組み、企業のESG(環境・社会・企業統治)の取り組みを調べるAIを開発した。ESGの調査は、温暖化ガス削減に向けた活動や人権への配慮といった非財務情報の収集が8割を占める。従来は専門の担当者が手作業で行っていたが、AIの活用で作業量を5割以上削減できる見通しだ。

新たに開発したAIは、企業のホームページや適時開示などの公…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]