ブリヂストン、「黒いゴムの塊」から脱皮
タイヤが「CASE」のカギ(上)

2019/8/27 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「本当に熾烈(しれつ)な戦いだった」――。タイヤ世界首位のブリヂストン。同社の技術幹部らが神妙な面持ちで振り返るのは、タイヤ事業での開発競争や販売シェアの拡大競争に関してではない。

4月に欧州子会社を通じて約9億1000万ユーロ(約1138億円)で買収した、オランダ・トムトムテレマティクス(TomTom Telematics)への入札合戦についてだ。ブリヂストンは今回の買収を、「黒いゴムの塊」だっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]