北海道に「龍馬記念館」 開拓の夢伝える
(挑む)

2019/8/1 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

港町の風情漂う函館市電・十字街停留場前に、北海道坂本龍馬記念館がある。「龍馬は北海道に来ていないはず」といぶかる歴史ファンの観光客に、館長の三輪貞治さんは「蝦夷地(北海道)開拓の夢を記した龍馬の書状が残っているんですよ」と、入り口にある複製を見せて解説する。

家業の商店を継ぎ道央で暮らしていた三輪さんは司馬遼太郎氏の小説を読み、龍馬にひかれた。生前の龍馬が北海道開拓を志し、さらに親族や子孫が明治…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]