誤認逮捕「本当に悔しい」 愛媛の女子大生手記公表

2019/8/1 10:56
保存
共有
印刷
その他

愛媛県警が7月、窃盗容疑で誤認逮捕した女子大学生の代理人弁護士が1日、松山市内で記者会見を開き「執拗に自白を強要された。本当に悔しい」との女子大学生の手記を発表した。

手記によると、女子大生は一貫して容疑を否認。逮捕前に任意の取り調べを2回受け、県警から「タクシーに乗った記憶はないの?二重人格?」「就職も決まってるなら大ごとにしたくないよね?」「今の状況は自分が認めないから」などと言われた。代理人弁護士は「取り調べの際に大声を上げるなど威圧的な言動もあった。自白を取るための捜査に怒りを覚えた。再発防止を徹底してほしい」と話した。

県警によると、1月9日、松山市で乗っていたタクシーの車内から現金約5万4千円とセカンドバッグなど5点(時価計約2万2千円相当)を盗んだとして、7月8日に窃盗の疑いで女子大生を逮捕。女子大生は2日後に釈放され、再捜査で別の若い女が容疑者として浮上した。

ドライブレコーダーの映像に写った犯人と顔が似ていたため、逮捕してしまったとしている。

県警は「自白の強要がなかったとの認識に変わりはない」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]