/

この記事は会員限定です

河童、鬼、てんぐ…妖怪に会える町10選

[有料会員限定]

河童(かっぱ)、鬼、ろくろ首……。

不思議なことが起きたら、それは妖怪の仕業かも。

伝説が残り、その存在を感じる町を、専門家12人が選んだ。

今週の専門家
 ▽朝里樹(「日本現代怪異事典」著者)▽市川寛也(群馬大准教授)▽香川雅信(兵庫県立歴史博物館学芸課長)▽小松和彦(国際日本文化研究センター所長)▽多田克己(妖怪研究家)▽千葉幹夫(妖怪研究家)▽富本一幸(トラベルニュース編集長)▽似田貝大介(「怪と幽」編集長)▽前川さおり(遠野文化研究センター学芸員)▽松村薫子(阪大准教授)▽宮本幸枝(妖怪愛好ライター)▽村上健司(ライター)=敬称略、五十音順...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経が独自に調査し、文字通り「何でも」ランキングにします。専門家の知見やアンケートを駆使し、家電からお土産やお菓子、観光地、漫画まで身近なものごとを番付けします。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン