FRB襲った3つの逆風 景気拡大期に利下げなぜ

2019/8/1 3:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)は31日、10年半ぶりに利下げを決断した。ただ、米経済は拡大局面が史上最長の11年目に突入したばかり。異例の判断の背景には、長引く貿易戦争とトランプ大統領の圧力、金融市場の包囲網という3つの逆風があった。

▼景気の減速を未然に防ぐ「予防的利下げ」

FRBは今回の利下げを予防的措置と位置づけている。4~6月期の実質成長率は2%台を保っており、米国の景気はいまでも力強い。失…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]