新薬開発、中国シフト 13億人のデータ活用狙う

アジアBiz
2019/7/31 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米欧の製薬会社が中国で研究開発体制の整備に動き出した。仏サノフィ、塩野義製薬などは13億人を超える同国民の医療に関するデータも使い、難病やアジアに多い消化器疾患などの治療薬を開発する。中国政府の臨床試験(治験)や特許制度の整備で、米欧に先駆け承認された新薬も登場した。低コストの生産拠点だった中国に研究開発機能が集積する新しい局面に入る。

米調査会社IQVIAによると、中国の医療市場は拡大が続き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]