/

この記事は会員限定です

「知財調停」10月から開始 最短3カ月で紛争解決

[有料会員限定]

特許や著作権など知的財産を巡るトラブルを迅速に解決するため、東京、大阪両地裁が10月から「知財調停」の新制度を導入する。テレビ会議も活用し、裁判官などを交えた非公開の話し合いによって最短3カ月程度での決着を図る。東京地裁は8月1日にホームページで運用指針を公表する。

知財トラブルの長期化は事業のスピードを阻害する恐れがあり、企業にとって早期解決のメリットは大きい。訴訟を起こして争うより費用を抑えら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン