2019年9月23日(月)

「医療的ケア児」の訪問保育 NPOが9月開始

2019/7/31 20:36
保存
共有
印刷
その他

医療的ケア児はたんの吸引などの介護が必要で、保育園などでは受け入れが難しかった

医療的ケア児はたんの吸引などの介護が必要で、保育園などでは受け入れが難しかった

NPO法人のフローレンス(東京・千代田)は31日、たんの吸引や経管での栄養投与などが日常的に必要な「医療的ケア児」のための訪問保育事業を9月から始めると発表した。同法人によると全国で初の取り組み。医療的ケア児は通常の保育サービスでは受け入れができないケースが多かった。

フローレンスは看護師資格を持つ専門職員を4人雇用。さらに5人を今年度中に採用する予定で、東京23区内の約30家庭でサービスを提供できるようになるという。

訪問看護や児童発達支援など複数の公的支援制度を組み合わせることで、年収500万円の世帯なら月4600円以内で利用できるという。訪問回数は利用する自治体の制度により異なるが、3時間の訪問を週2回が目安になる。

フローレンスによると、医療的ケア児はたんの吸引器など特別な器具の取り扱いが必要になり、事故のリスクも高いため、保育園や学童保育では受け入れを断られるケースが多い。訪問看護サービスを長時間利用すると、月20万~40万円の費用がかかる。

フローレンスはこれまで、風邪などの病気にかかった子供や障害児の保育事業を手掛けてきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。