北陸電の七尾大田火力11月再開へ 経常利益60億円押し下げ

2019/8/1 6:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸電力は31日、7月上旬にトラブルで停止した管内最大の石炭火力発電設備、七尾大田火力発電所2号機(石川県七尾市)の運転再開が11月上旬になる見込みだと発表した。石炭よりも割高な石油を燃料とする設備の稼働増加などにより2020年3月期連結決算で60億円の経常利益の押し下げ要因になる。同機は18年秋から19年2月にも事故で停止したばかりだった。主力発電所の不安定な稼働が、業績回復の重しになっている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]