/

この記事は会員限定です

苫小牧、「食の産業基地」へ準備着々 港・空港活用し輸出拡大

[有料会員限定]

北海道苫小牧市で食の産業基地をつくる構想が具体化する。日本政策投資銀行は苫小牧市内に来年春竣工する大型冷凍冷蔵倉庫に対し計62億円を協調融資すると発表。新千歳空港の民営化でも、運営事業者が北海道空港(HKK、札幌市)を中心とする企業連合に固まり、港と空港の「ダブルポート」体制について議論が加速する。道産品の付加価値を高め、輸出を拡大する。

建設中の冷凍冷蔵倉庫は政投銀やHKKなどが出資する特定目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り873文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン