2019年9月19日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,960.71 -40.61
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,800 -10

[PR]

業績ニュース

パナソニック、4~6月営業減益 メキシコ工場閉鎖

2019/7/31 19:03
保存
共有
印刷
その他

パナソニックが31日に発表した2019年4~6月期の連結営業利益(国際会計基準)は前年同期比44%減の563億円だった。4~6月としては3年ぶりの減益になった。米中貿易摩擦などが響き、中国でモーターや家電の販売が低迷した。業績が低迷するなか、テレビを生産するメキシコの工場を19年内に閉鎖する方針も明らかにした。

決算発表するパナソニックの梅田常務執行役員(7月31日、東京都港区)

売上高は6%減の1兆8911億円だった。中国で工場自動化に使うモーターの販売などが減少。家電では欧州やアジアでテレビの販売が苦戦した。20年3月期通期の業績予想は据え置いた。

梅田博和・常務執行役員は「テレビ事業は赤字。地域や価格帯によっては撤退という選択肢もある」と述べ、生産拠点の見直しを進める考えを示した。液晶テレビや有機ELテレビの生産台数は18年度で600万台。うちメキシコで液晶テレビを20万台ほど生産している。今後メキシコにはマレーシアから輸出する。

前期までの中期経営計画で「高成長事業」に位置づけていた車載電池も収益面で苦戦した。米テスラの高級モデル向け電池の販売が車体販売台数の減少に伴い、収益が落ち込んだ。20年3月期からの新中期経営計画では車載電池を「再挑戦事業」に位置づけている。

新中計では全社合計で1000億円規模の固定費削減による収益改善を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。