いわき信組、「売れる商品」人脈で開発 取引先支援に奮闘

2019/7/31 18:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福島県いわき市の小さな金融機関が中小企業と「売れる商品」づくりに奮闘している。職員数210人のいわき信用組合だ。地元食材を使った商品開発や販路開拓を手がける「地域商社」の立ち上げに参加。独自の人脈をフル活用し、企業の取引を支援する。信組では珍しい投資ファンドも設立した。人材と資金、知恵を注ぎ込み、地域の稼ぐ力を引き上げている。

「商品にコラーゲンを入れるのはいいアイデアだ」。6月に開いた地域商社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]