2019年9月24日(火)

沖縄・奄美の遺産登録後押し 企業体が活動計画決定

2019/7/31 18:50
保存
共有
印刷
その他

鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄島北部、西表島の世界自然遺産登録を後押しする目的で設立された企業共同体は31日、第1回の通常総会を那覇市内で開き、今後1年の活動計画を決めた。環境保護と地域振興を両立させ、行政と一体となり沖縄県内で希少種の密猟・密輸防止対策に力を入れるほか、清掃活動に取り組む。将来にわたり活動を持続するため、行政に基金の設立を働きかけることも決定した。

総会であいさつする日本トランスオーシャン航空の青木紀将社長(中央)

企業体は2020年夏の世界自然遺産登録の実現を目指し、5月に発足した。NTTドコモや日本郵便沖縄支社(那覇市)など32の企業・団体でつくる。代表に就任した日本トランスオーシャン航空(那覇市)の青木紀将社長は「我々の活動により次世代に沖縄の宝を引き継ぎたい」と抱負を述べた。奄美地区でも近く同様の企業体が発足するという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。