南シナ海「複数国が懸念」 ASEAN外相会議

2019/7/31 23:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=遠藤淳、羽田野主】中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が領有権を争う南シナ海を巡って緊張が高まっている。フィリピンは北部海域の警戒を強める方針を表明し、ベトナムと中国の艦船はにらみ合いを続ける。ASEANは31日の外相会議の共同声明で複数の外相が「懸念」を示したと明記。中国との会議では紛争防止へ行動規範をまとめる作業を進展させたが、緊張の緩和は見通せないままだ。

ASE…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]