/

この記事は会員限定です

米国初のLGBTQ大統領は実現するか?

(グローバルViews)

ワシントン支局 芦塚智子

[有料会員限定]

2020年の米大統領選に向けた民主党の候補者指名争いで、自身がゲイ(男性同性愛者)であることを公言している中西部インディアナ州サウスベンド市長のピート・ブティジェッジ氏(37)が脚光を浴びている。20人を超える候補の中で健闘しており、LGBTQ(性的少数者)に理解を示す米国社会を反映しているといえる。LGBTQ有権者の間では歓迎と期待が広がる一方、ブティジェッジ氏の政策への不満や懸念の声も出てい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン