/

この記事は会員限定です

永田恭介・国立大学協会長に聞く(下) 国公私の対話重要

[有料会員限定]

国立大学協会長に就任した永田恭介筑波大学長は、国立大と私立大の格差問題について、政府の高等教育無償化政策の効果に注目する一方、国私間の話し合いの重要性を指摘する。

――私立大学から、国私間の公財政支出の格差是正を求める声が強まっています。

国公私立間の格差問題は経済的な視点と学問上の視点がある。

経済的格差では今回の高等教育無償化政策の効果に注目している。無償化で国公私立の入学者層に大きな変化が出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン