時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,185,022億円
  • 東証2部 70,843億円
  • ジャスダック 93,128億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.38倍14.27倍
株式益回り6.95%7.00%
配当利回り2.00% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,552.96 +101.10
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,460 -30

[PR]

スクランブル

フォローする

薄商いはニューノーマル 「受け身」マネー膨張、危うさも
証券部次長 菊地毅

2019/7/31 18:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本株の売買低迷が続いている。7月は東証1部の月間売買高が7月として過去15年間で最少となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた様子見との見方が大勢だが、薄商いは常態化しており、一時的な現象とは言い切れない。背景には「受け身」で動くマネーの増加や超低金利を前提とした投資行動の変化といった構造要因がある。

東証1部の売買代金は30日、31日と2兆円を超えたが、年金などの資産配分変更といった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム