/

武田、赤字幅縮小 今期、米国で競合参入なく

武田薬品工業は31日、2020年3月期の連結最終損益(国際会計基準)が3677億円の赤字になりそうだと発表した。赤字幅が従来予想から153億円縮小する。主力の血液がん治療薬「ベルケイド」の競合品を他社が発売すると想定していたが、今年度中は発売されない見通しになったという。

売上高にあたる売上収益は前期比57%増の3兆3000億円で据え置いた。ベルケイドは期初の想定を上回るが、7月にスイス製薬大手ノバルティスに売却した眼科治療薬「シードラ」などの売り上げがなくなる。

ベルケイドはシードラに比べて利益率が高い。営業損益は従来予想から270億円改善し1660億円の赤字になる。

同日発表した19年4~6月期の売上収益は前年同期比89%増の8491億円、最終損益は206億円の赤字(前年同期は782億円の黒字)だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません