/

この記事は会員限定です

走る電車の横で伐採 現代の木こり術で安全に

秘策は知財に マルイチ、日米で特許出願

[有料会員限定]

あなたは、線路脇の高い木によじ登ってチェーンソーなどで剪定(せんてい)している人を見たことがあるだろうか。あったとしたら、それは特殊伐採を手掛けるマルイチ(新潟県村上市、岩佐治樹社長)の技術者「ウッドタワー伐採士」かもしれない。安全と効率を両立させたマルイチの伐採技術は、まさに職人芸だ。加えて独自の技術やノウハウ、教育システムを特許にするなど、同社の知的財産戦略にも「すごさ」が潜んでいた。

都心でも安全伐採

ガタンガタン、ゴトン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン