/

コーセー、マルホと共同出資会社

コーセーは31日、皮膚薬大手のマルホ(大阪市)と共同出資会社のコーセーマルホファーマ(東京・中央)を設立したと発表した。一般医薬品や医薬部外品、化粧品の企画・開発、販売などを行う。共同出資会社はコーセーが一般医薬品に参入する足がかりになる可能性が高い。

出資比率はコーセーが51%で、マルホが49%。両社から代表者を1人ずつ派遣した。コーセーの化粧品の販売促進のノウハウとマルホの皮膚科学研究など、両社の強みを生かし、共同で製品開発に当たるという。

マルホは皮膚疾患の処方薬を多く製造している。保湿力の高さから美容目的による利用が広がった皮膚保湿剤の「ヒルドイド」も製造している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません