/

この記事は会員限定です

人材投資としての保育(4) 親のストレス低減効果

東京大学准教授 山口慎太郎

[有料会員限定]

世界の研究を紹介してきましたが、これらはそのまま日本に当てはめることはできません。特に有名なペリープロジェクトについては、実施したシカゴ大学のジェームス・ヘックマン教授がノーベル経済学賞を受賞したことから、よく幼児教育充実の理由に挙げられます。しかし、2つの点で現在の日本を含む先進国に当てはめるのは難しいと考えられています。

1つは、ペリープロジェクトは極めて貧しい家庭の子どもを対象にしていたため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン