2019年9月20日(金)

富士通、ドコモに5G基地局の制御装置

2019/7/31 15:44
保存
共有
印刷
その他

富士通は31日、NTTドコモに次世代通信規格「5G」の基地局に使う制御装置などの納入を始めたと発表した。現行の「4G」で使う設備を、そのまま5G向けで利用できるように最新の無線技術を搭載した。

富士通の5G向け基地局制御装置

富士通の5G向け無線装置

納入する制御装置に、無線の機能をソフトウエアで柔軟に設定できる技術「ソフトウエア無線(SDR)」を搭載した。制御用ソフトを用意すれば、携帯電話会社が既に運用する4G向け設備を5Gの設備として利用できる。ハードウエアの新規調達コストを抑えられ、通信網を迅速に広げやすくなる。

基地局装置のオープン化を推進する「オーランアライアンス」が策定した標準仕様にも準拠した。富士通の基地局制御装置と同じ標準仕様を採用する他社の通信機器との相互接続が可能になる。4G向けの通信機器では、異なる企業の装置を相互に接続しにくかった。このため、携帯電話会社は通信網を整備する際に特定企業の装置で固めざるを得ず、コストが高止まりしやすかった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。