/

この記事は会員限定です

日本製鉄、J1鹿島売却の安すぎる査定

[有料会員限定]

日本製鉄がサッカーJ1、鹿島アントラーズの運営子会社の経営権をメルカリに売却する。鹿島は旧新日本製鉄と統合した旧住友金属工業のサッカー部が母体。関西が地盤の住金が鹿島に生産の本拠を移し、地域とのつながりを象徴した。4月に新日鉄住金から日本製鉄に社名を変え「住金」が消えた初年度に、また1つの象徴が消える。一方で国内製鉄業の現状と将来を考えれば、続けることも1つの選択肢になり得た。

「製鉄会社がノウハウのないサッカーのプロリーグに人や資金を出して企業価値を高め続けていくのは、やはり厳しい」。日鉄の橋本英二...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン