囲碁の小5仲邑初段、ペア碁戦に出場へ(盤外雑記)

囲碁・将棋
2019/8/2 2:00
保存
共有
印刷
その他

ペア碁の世界最強位を決める

ペア碁の世界最強位を決める

囲碁の史上最年少棋士で小学5年の仲邑菫初段が18日、中学生の福岡航太朗初段とペアを組み、中国の若手ペアと戦うペア碁俊英ドリームマッチに出場する。世界ペア碁最強位戦2019のイベントとして東京・渋谷で開催される。

将棋の普及や文化振興に貢献した個人・団体に贈られる第26回大山康晴賞の団体部門が、名人戦第1局の対局場の定番、ホテル椿山荘東京を運営する藤田観光と、関根名人記念館を拠点に女流名人戦を開催する千葉県野田市に決まった。個人部門は、山梨県支部連合会会長を長年務めた小池正夫氏と、山形県支部連合会名誉会長の岡田宏道氏。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]