「米国の理解へ努力」米の日韓仲介 官房長官 休止協定提示は「事実ない」

2019/7/31 12:10
保存
共有
印刷
その他

記者会見する菅官房長官(31日午前、首相官邸)

記者会見する菅官房長官(31日午前、首相官邸)

菅義偉官房長官は31日の記者会見で、ポンペオ米国務長官が日韓両政府の仲介に乗り出す意向を示したことを巡り「日本の立場に正しい理解が得られるよう努めていきたい」と述べた。米国が日韓両政府に対し、一定期間は新たな対抗措置を取らない「休止協定」への署名を検討するよう提案したとの一部報道については「指摘のような事実はない」と語った。

菅氏は「米国とは日本の一貫した立場や考えを累次に伝達している。常日ごろから緊密に連携している」と強調した。日韓関係については「韓国側からの否定的な動きが相次いでおり、非常に厳しい状況が続いている」との認識を示した。「引き続き韓国側に建設的な対応を強く求めていく考えに変わりはない」と述べた。

8月に更新時期を迎える日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を巡っては「連携すべき課題はしっかり連携していくことが大事だ。引き続き適切に対応していきたい」と強調し、延長が望ましいとの認識を改めて示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]