/

国内唯一ソマリノロバ死ぬ 名古屋の東山動植物園

名古屋市の東山動植物園は30日、国内で唯一同園が飼育していた絶滅危惧種のソマリノロバ「サクラ」が死んだと発表した。雌で17歳だった。死因は心不全。

 東山動植物園が飼育していた絶滅危惧種のソマリノロバ「サクラ」=2019年2月、名古屋市(同園提供)

同園によると、サクラは2001年、同園で生まれた。17歳は人間では50~60歳程度という。人見知りな性格だったが、毛並みの美しさから来園者に人気があった。03~11年に繁殖のため横浜市の金沢動物園に貸し出され、そのときのファンが東山動植物園を訪れることもあったという。

ソマリノロバはエチオピアやソマリアの乾燥地に生息し、家畜ロバの先祖種と考えられている。サクラは30日朝、ふらつきながら歩く様子がみられ、午後には横に倒れて起き上がれなくなった。獣医師が処置をしたが、午後3時半ごろ死が確認された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン