任天堂、専用機に賭ける 米中市場「スイッチ」で開拓

2019/7/30 23:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂がゲームの2大市場である米中で勝負をかける。携帯型の新たなゲーム専用機を、米国の商戦を意識して9月に世界で発売。中国ではIT大手の騰訊控股(テンセント)と組む。だがゲーム業界では米グーグルや米アップルなどITの巨頭が本格参入を表明。スマートフォン向けゲームが世界的な主流になりつつある中、専用機はどこまで競争力を保てるか。

任天堂の主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」。足元の連結売上高の9割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]