AIアルゴリズム、企業に開示求めず 日米が大筋一致

2019/7/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米両政府が貿易交渉の事務レベル協議で、人工知能(AI)の機密保護などデジタル貿易に関するルール案について、大筋で一致したことが分かった。データの自由な流通を促すため、音楽や映像などデジタル製品には関税を課さない。AIなどの計算手順にあたる「アルゴリズム」の開示を国が企業に求めないよう定めるのが柱だ。

日米で国際ルールづくりを進め、国家主導でデータを囲い込む中国に対抗する狙いがある。

ルール案は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]