介助費用、参院が当面負担 れ新の重度障害者対応

2019/7/30 22:00
保存
共有
印刷
その他

参院議院運営委員会は30日の理事会で、れいわ新選組で重度障害を持つ2人の議員活動中の介助費用について、当面は参院が負担することを決めた。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の船後靖彦氏と重度障害者の木村英子氏は生活全般を支える「重度訪問介護」を受けているが、通勤や仕事中は公的補助の対象外となる。議員活動は「経済活動」と見なされるためで、木村氏らは公的補助を継続できるよう要望していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]