英語スピーキング力をAIが評価 曖昧な質問にも対応

コラム(テクノロジー)
2019/9/2 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マンツーマン英語教室などを運営する恵学社(京都市)は2019年7月、アイード(東京・品川)の多次元音声評価技術を利用した英語スピーキング力評価ツールを導入した。狙いは同社の講師による採点の負担軽減と評価の均質化。この評価ツールを利用することで受講者の学習効率も向上するという。

■AIが模範解答以外の解答も評価

恵学社は、「パーソナルトレーナー(講師)」によるマンツーマンのレッスンを提供する短期集中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]