2019年9月22日(日)

阪急阪神が梅田駅改名 大阪駅と混在する関西の事情

2019/7/31 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

阪急電鉄と阪神電気鉄道は30日、梅田駅(大阪市)の名称を10月に「大阪梅田」に変えると発表した。周辺にはJR西日本が「大阪駅」を構えるなど、長らく複数の駅名が混在してきた。阪急と阪神が改称に踏み切った背景には、想定を超えるインバウンド(訪日外国人)の急増がある。

【関連記事】梅田駅を「大阪梅田駅」に変更 阪急と阪神が10月

阪急と阪神の梅田駅は10月から「大阪梅田駅」になる

阪急と阪神の梅田駅は10月から「大阪梅田駅」になる

現在の梅田地区に最初に鉄道駅を構えたのは官営鉄道(のちの国鉄、現JR西日本)だった。開業は1874年で、「当時の正式名称や大阪駅という名称が付いた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。