かまくらや、耕作地拡大で積極投資 リンゴ栽培にも参入

2019/7/30 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

耕作放棄地でソバなどの栽培を手がけるかまくらや(長野県松本市)は、事業拡大に向けて積極的な投資を開始した。栽培面積が今季は約2割増えることから、大型コンバインを導入し、ソバの乾燥施設を増強した。新規事業としてリンゴ栽培に参入し、農業志望の従業員の採用を増やして、農業ビジネスを多角化する。

同社は地元農協を通じて同県安曇野市や松本市の耕作放棄地を借り、ソバや大豆などを栽培している。耕作放棄地の栽培…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]