/

この記事は会員限定です

三菱UFJ銀の中村副頭取「中部経済、省人化投資が下支え」

[有料会員限定]

三菱UFJ銀行の中村昭彦副頭取は日本経済新聞社の取材に応じ「省人化を中心に設備投資の需要があり、中部経済は底堅い」と述べた。証券や信託を含めた三菱UFJフィナンシャル・グループ全体で事業承継やスタートアップの支援に注力する考えを示した。

――中部地方の景気をどう見ていますか。

「米中貿易摩擦などで海外の先行きは心配だが、設備投資の需要は意外にある。省人化や人手不足対応などが下支えしている。堅調な設備投資を背景に中部経済は底堅い。た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン