千葉県経営者協会、五輪成功への取り組みなど要望

2019/7/30 19:03
保存
共有
印刷
その他

千葉県経営者協会(小島信夫会長)は30日、2020年東京五輪・パラリンピックの成功などを柱とする政策要望書を森田健作知事に提出した。大会開催を1年後に控え、安全な大会の実現に向けた準備や運営を要望した。

小島信夫会長(右)が森田健作知事に政策要望書を手渡した(30日、千葉市)

要望は同協会の会員企業約1300社にアンケートを実施してまとめた。今回は東京大会の成功のほか、成田空港のさらなる機能強化、地域経済の活性化、インフラ整備、働き方改革の実現に向けた支援の5項目を取り上げた。東京大会の成功に向けた具体的な取り組みとして、安全で円滑な交通輸送や大会セキュリティの確保、施設と心のバリアフリーを求めた。

小島会長は東京大会について「成功はもちろん、終了後にハード・ソフト両面の成果を未来につなげることが大切」と述べ、森田知事は「大会の成功などを通し、県経済の発展に結びつけることが重要と認識している」と応じた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]