最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,410.19 -20.51
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,450 +10

[PR]

業績ニュース

オリエンタルランド、純利益8%増 入園者数が増加 4~6月

2019/7/30 20:30
保存
共有
印刷
その他

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドが30日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比8%増の229億円だった。春のイベントや10連休効果で入園者数が伸びた。前年のTDR35周年イベントの関連費用が無くなり、コストも下がった。

新キャラクターが登場するイベントが人気だった(千葉県浦安市の東京ディズニーシー)

売上高は微減の1205億円だった。35周年イベントの反動でグッズ販売が減った影響が出た。一方、入園者数は、イベント効果で1割超のプラスとなった前年同期から、さらに上積みしてプラスを確保した。具体的な数字は開示していないが、入園者は2%から4%程度増えたという。

集客に寄与したのは新キャラクター「うさピヨ」が登場した「ディズニー・イースター2019」などのイベントだ。首都圏のリピーターが増えたことに加え、10連休中は地方からの来園者が増えた。

営業利益は7%増の319億円だった。大規模なパレードなど35周年イベントに絡む費用が減少したほか、入園者数増で利益率の高いチケット収入が伸び、採算が改善した。

20年3月期通期の売上高は前期比9%減の4792億円、純利益は28%減の653億円とする期初予想を据え置いた。年間入園者数は、35周年イベントの反動を織り込んで、8%減の3000万人と見込んでいる。4~6月期時点では期初想定を大きく上回る来園者数を確保している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム