/

この記事は会員限定です

特定技能「建設」、受け入れ計画初認定 国交省

5社・9人 月給23万~28万円

[有料会員限定]

国土交通省は30日、外国人の新在留資格「特定技能」の建設分野で5社(9人)の受け入れ計画を初めて認定した。法務省による受け入れ決定の前提となる措置で、同じ水準の技能を持つ日本人と同額以上の賃金支払いが必要になる。

認定した5社は東京、千葉、静岡の各1社と神奈川の2社で、受け入れ人数はそれぞれ1~4人。送り出す国はベトナムと中国だ。基本給はいずれも月23万~28万円と既に建設現場で働いている外国人の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン